【資格勉強】3ヶ月で販売士検定3級取得を目指した結果……。

仕事

皆さんお久しぶりです。

ブログ管理人の【あつたみ】です。

更新しようという気持ちはあれど、なかなか後手に回りまくり遅くなっておりました。

とはいえのんびりペースで続けていきますよ!

ということで 私、以前こういう記事を書いておりました。

とうのとうに3ヶ月過ぎとるやないけ!ということで結果発表です。

販売士検定3級 合格いたしました!!!

有言実行できてよかったです。ぶっちゃけ3ヶ月で足りるか心配でしたからね。

ということで今回は 3ヶ月間どのように勉強し、販売士検定3級取得に至ったのか ということを記事にしてみようと思います!

案外資格勉強って具体的にどんな感じで進めればいいんだろう……?という人が多いんじゃないかと勝手に思っておりますので、是非参考にしていただければ幸いです!

【本題の前に】3級取って役に立ったの?

と、その前に。

販売士検定3級取得した!と言っても、実際役に立つのか?と思いませんか?

断言しましょう。役に立ちます

3級は基礎中の基礎。スポーツ同様、基礎があるのとないのとでは大きく違うもんだと実感しました。具体的には

☆陳列方法による訴求効果→効率的なディスプレイ変更が可能に!

☆マーチャンダイジングへの理解→優先順位を付けて作業できるように!

ちなみにマーチャンダイジングをざっくり説明すると商品計画のことですね。

小売で働いている方だとよく目にする。(ハズ)

関連してVMDというのは、視覚的な商品計画。つまりディスプレイについての指針ということになります。

このVMD、結構アパレルや雑貨店で働くと本部からの指示などでちょくちょく変わります。

なのでこれらについての知識を持つことにより、どの客層に向けて、どの商品をどのように売るために本部指示が下ったのかという意図が少しは読めるようになり、結果的に効率化に繋がるというわけですね~。

↑わからない状態で物事を進めると不安感から作業は必然的に遅くなりますからね。

勉強のおかげか、私の作ったディスプレイに関しては褒められることが多くなりました!応援に行った店舗でもフェア商品の陳列を任せられたり!

勉強して得たことが仕事に役立つとモチベアップにもなりますし、良いことづくめですね~。

1ヶ月目~(ウォームアップ期) 参考書を空いた時間に読み進める

さてここからは実際私がどのようなスケジュールで3ヶ月間を過ごし勉強したのかをザックリ!紹介いたします。

初めの一ヶ月は【インプット期】です。

仕事の休憩時間、休日の空いた時間、寝る前……などなど。

参考書を開いてページをぺらぺら捲っていく日々を過ごします。

ここでポイントなのが【ペラペラ捲る】 だけ

覚えよう!と意気込むとひたすらノートにテキストをまとめる……

ということをしてはいないでしょうか?

過去の自分は必ずと言っていいほどノートにまとめていたのですが、NO!

時間の無駄です。ノートにいちいちまとめているようじゃ3ヶ月で資格を取るなんてもんは絶対に無理だと断言します。

そもそもフリーターである私でさえ時間が足りねえ!と思っていたくらいなので、社会人の皆様ならもっと厳しいんではないかと思います……。(まぁフリーターとはいえフルタイム8時間勤務の契約なので、時間だけ見ると社会人と変わりはしないんですけどね)

この一ヶ月目は知らない単語に頭を慣らす期間とでも言いましょうか。

途中に挟まれる小テストになんとなく

「あ、こんなの読んだなぁ」

と思える程度であればOKです!

2カ月目(対策期)小テストなどでウィークポイントを探す

2ヶ月目、というよりは一通りテキストを読み終わったらですね。

ここからは小テストや巻末にある模試を解いていき

自分が何が苦手かを明確にする 期間です。

販売士検定には5つ科目があります。

①小売業の類型 ②マーチャンダイジング ③ストアオペレーション

④マーケティング ⑤販売・経営管理

私を例に出すと①小売業の類型 と ⑤販売・経営管理 が著しく低かったです。

販売士の3級の合格基準は

総合得点が70%以上かつ1教科ごとの得点が50%以上。

つまりそれぞれ100点満点だとして、総合得点で350点取れていたとしても、一つ一つの科目で50点以上取れていなければ不合格ということですね。

中盤あたりから苦手を探し早めに対策!

私はこの苦手つぶしの段階で初めてノートを書きました。

模試で間違った部分をテキストで復習、出題ポイントをノートにまとめることで自分だけの苦手一覧テキストが出来るというわけです!

また、私が使用したテキストですと出題頻度の高い項目順でA~Cのランク付けがされていました。

ノートにまとめる際にもこのランクを参考にし、項目をピックアップすることで効率よく勉強することが出来ました。

このテキストめちゃくちゃわかりやすかったです。

三ヶ月目(追い込み期) 過去問を解くべし

ここまで来たらやることは一つ。

ひたすら過去問を解くべし。

テキストについてる模試だけではやはり心もとないですしね。

過去問を解くことで例年の出題傾向を知ることが出来、さらに勉強する範囲選択の精度が高まります。

また、過去問を解くとテキストでは記載されていなかった問題が出題されることも!

これらも勉強しておくと更に安心感が高まります。(結果的には試験には出題されませんでしたが)

テキストを読み復習することも大事ですが、問題を解き続けることで試験に本番のイメージに近づきますし安心感につながるハズ!

何事も実践が一番です!

まとめ

ここまで書いてきたことをやること順でザックリまとめますと……

①テキストをペラペラと読む!(1ヶ月以内に読み切ることを目処に空いた時間で!)

②読み終わったら小テストや模試を解いて苦手分野を探して潰す!

③ラスト1ヶ月はひたすら過去問を解きまくる!!!

特に重要なのは②で、如何にここで効率よく苦手分野の対策を出来るかが鍵だと思っております。

私の場合は結構何回やっても覚えられなかったりこんがらがったりしたためあまり過去問に時間が取れませんでした……。(その他にも理由はありますがそれはおまけとして後述)

勉強法は色々あるので私のやり方が正解ということはないのですが、忙しい社会人の皆様の参考になると嬉しいです!

私も2級取得を目指しまた勉強頑張ります!

皆も取ろう 販売士!

余談 デュエプレはいいぞ

これはガチで余談なんですが、ラスト一カ月になると誰しも少し気が緩むかと思います。

この緩んだときに新しい趣味みたいなものを始めると地獄を見ます。

というのも私あつたみ、ラスト一カ月にして何故か

デュエルマスターズ プレイス (通称デュエプレ)にドハマりしてしまうというイレギュラーに陥りました。

もともと遊戯王OCGのまったりプレイヤーだったり、昔はシャドウバースにもハマったりとカードゲームは好きだったんですが、まさかこの歳になってデュエマを始めるなんて思っておらず。

め~~~~~~~~~~~~~~~~っちゃたのしい。

ちなみに私は青単リキピバニラビートを回しています。手札切れない安心感が凄い。知らん人からしたらガチでなんのこっちゃだな。

カードゲームは敷居が高く感じますが慣れると案外楽しいですよ。(ガチ環境に突っ込まなければ)

皆もやろうデュエプレ!

したっけ また!

タイトルとURLをコピーしました