アイキャッチイラストを自分で描くメリットと方法は?【iPad】

サブカルチャー

こんにちは、【イグアナふろっぐ】です。

正直ブログのアイキャッチ画像、悩みませんか?

そして、お絵かきが好きな方、こうも思いませんか?

アイキャッチ画像、自作してみるってのもありじゃね?

実は当ブログのプロフィールアイコン、私が描いたものなのです!

プロフィール画像だけでなくヘッダーも!初めて書いた記事のアイキャッチも自作!

というわけで、実際に自作して感じた

【アイキャッチ画像を自分で描くメリット・デメリット】を、

更に!おすすめ使用ソフト・キャンバスサイズも!実例の制作過程と共に紹介していきます!

お絵かき好き、集まれ~!

アイキャッチ画像を自作するメリット・デメリット

ブログのアイキャッチを自作するメリットはこちら

  • 著作権について考えなくて済む。
  • 自分のブログならではのオリジナリティが出せる。
  • カテゴリー毎にアイキャッチ画像を作れば一目でわかるようになり、統一感も出せる。

個人的には著作権について気にしなくてもよいというのが非常にメリットだと感じます。

また、自分のブログならではのオリジナリティを出せるというのも大きい!

フリー素材は凄く便利で、おしゃれなものも多く見つかるのですが、やはり使いやすいものは人気でどうしても他のブログさんと似たり寄ったりになってしまうんですよね……。

ブログ初心者の私でさえ素材を探しているときに

「あ……この素材どっかで見たな……。」

となってしまうことが多々ありました。

扱うジャンルで覚えてもらえる特化ブログと違い、【ブログ自体を覚えてもらう】ことが大切な雑記ブログにとってはオリジナリティは重要な要素かと思います!

とはいえ、当然イチからの自作なのでデメリットも……。

  • アイキャッチ画像を作るのに時間がかかってしまう。
  • 画力や構成力がないときびしい。
  • プロの作品と比べて見劣りしてしまう。

時間がかかるのは承知の上で自作しようとしていますが、やはりキツイ!

そしてどうしても己のセンスによる部分が大きく、そこもつらいですね。

使いやすいフリー素材はシンプルなものが多く、読者側からもテキストの邪魔にならないデザインのほうが良いに決まっています。

私の場合、アイコンを見ていただければわかる通り、なんとなく派手にしがちなので気をつけねばなりせん。

また、派手云々の前に公序良俗に反するデザインはだめ!(当たり前ですが)

いくら自分が好きに作れるからとはいえ、スプラッターなものやR指定がつくようなデザインは控えるべきかと思います。嫌悪感を抱かせるようなものはなんにせよよくない……。

要は読者の皆様に親近感を抱いてもらえる、シンプルなものが望ましいということですね。

アイキャッチを描こう!①使用ソフト

メリット・デメリットを確認したら早速描いていきましょう!

ちなみに私はiPadを使って普段イラストを描いているので今回もiPadで作成します。

今回使用するお絵かきソフトはこちらの2つです!

①【Procreate】 イラスト作成用

Procreate
Procreate
¥2,000
posted withアプリーチ

まずはこちらの【Procreate】(通称プロクリ)でアイキャッチに使うイラストを描いていきます。

iPadで使える有料ソフトで、価格は2,000円。

ちょっとお高く感じるのですが、お絵かきソフトとして有名な【CLIP STUDIO】(通称クリスタ)のアプリ版がサブスク形式なのに対してこちらは買い切り形式!買ってしまえば使い放題です!

漫画などを描く場合はクリスタのほうが圧倒的に使いやすいかと思うのですが、イラストのみを描く場合はプロクリが個人的にはおすすめです。

特に紙からデジタルに移行しようとしている人におすすめで、便利な機能を使いつつも簡単にアナログで描いたような筆跡が表現できます!

ダウンロードできる公式ブラシも多いですし、フリーで配布されているカスタムブラシも多数!機能も多彩で非常に便利なため、買っても損になることはありませんよ~。

②【アイビスペイント】文字入れ用

アイビスペイントX
アイビスペイントX
無料
posted withアプリーチ

イラストを描いたのち、こちらの【アイビスペイント】でテキストを挿入します。

もちろんプロクリでもテキストを挿入することが出来るのですが、初期から入っているフォントが外国のものが多く若干使いづらいんですよね。新しくフォントを探してインストールするのは正直面倒……。

それに対しこのアイビスさん、なんと無料でダウンロードできるうえに日本のフリーフォントが多数用意されています!たまに開くとフォントがさらに追加されているなんてことも。

文字入れ作業を分けるかどうかは好き好きですが、私はこちらのほうがやりやすいので分けています。

ちなみにアイビスペイントは無料で使えるお絵かきソフトなので、有料ソフトのプロクリからデジタルを始めるのはちょっと……、という方にはアイビスから始めることをおすすめします!

アイキャッチを描こう!②構想~下書き

今回はプロクリ君の便利機能の一つ、「タイムラプス再生」を使い作業を振り返りながら紹介していきます。(スクショを忘れたなんていえない

プロクリ君のタイムラプス機能では自分のメイキング映像も保存することが出来ますよ!

イラストを描く前にキャンバスの設定を忘れないようにしましょう。

【1200×630】がアイキャッチ画像の最適なサイズです。

ホーム画面右上の+アイコンをタップし、【新規キャンバス】から自由にキャンバスの追加が出来ます。作りたいサイズの数字を入力しましょう。

まずは軽く大体の構想と下書きを描きます。

筆アイコンをタップし好きなペンを選択します。間違ったら消しゴムアイコンで修正しましょう!ペンと消しゴムのサイズは左のバーで調節できます。バーの上の方で太さ、下で透明度を調節できますよ。

ペンの色も右上のの部分をタップすることで変更可能。この画面では黒くなっておりますが、選択した色に変わります。

この時点でどこに文字を配置するかというのを決めた方が良いと思い、吹き出しを描いています。

アイキャッチイラスト作成の記事ということから連想し、我が家の【娘】(イグアナ)を漫画家風にしたイラストにしようと思いますよ。後ろの黄色いのはまだ紹介していない我が家の【殿】(レオパードゲッコー)です。

アイキャッチを描こう!③メインイラスト作成

下書きの上に新しいレイヤー作り、メインのイグアナ周りを描いていきます。

色選択のアイコンの隣、□が重なったアイコンがレイヤーアイコンです。そこでレイヤーの追加や移動、表示・非表示などが設定できます。

レイヤーというのはアニメーションのセル画を思い浮かべてくれるとわかりやすいかと思います。それぞれ線画や背景で分けることでごちゃつかず、修正もしやすくなります。

背景などのレイヤーの上に、前面に出てくる色や線画などのレイヤーをどんどん重ねていくという感じですね。

今回はバランスをとるために先に背景パーツのデザインを決め、その上にイグアナのレイヤーを作っていきます。

ちなみにこのチェックのブラシもフリーでダウンロードしたものです!非常に使い勝手が良い……。

背景パーツを整えたのちイグアナを描きます。

線画のレイヤーを追加した後、線画をつぶしてしまわないよう下に色塗り用のレイヤーを作り、色を塗ります。逆にベレー帽は線画の上に乗るので線画レイヤーの上に作ります。

アイキャッチを描こう!④背景~線画仕上げ

背景を描いていきます。

文字入れ用の吹き出しを追加し、さらに漫画家風なのでペンとコマ割りをイメージしたものを背景追加しました。絵描きあるあるですが、下書き通りに行くことは稀。

ただのコマ割りだと味気ないので、レトロ風にベージュに着色し、さらに殿をコマに描いていきます。だいぶ漫画家風になったんじゃないでしょうか!

最後にメインが埋まらないようにするため、線画を整えて……。

文字入れ前のイラストが完成!

プロのイラストレーターさんに比べればそりゃあ劣りますが、少なくともオリジナリティは出せているんじゃないでしょうか!(と、思いたい)

アイキャッチを描こう!⑤文字入れ

ここからはアイビスで文字入れをします。

左側のバーのTの字のアイコンをタップするとフォントの設定ができるようになります。

使用するフォントは「チェックポイント.(ピリオド)」というフォント。アイビスに追加されているフリーフォントです。当ブログのヘッダーにも使わせていただいています。

個人的にフォントを統一させておいた方が、自作アイキャッチが並んだ時に見栄えがよいと思います。

先ほどのアイコンをタップした後、文字入れしたい場所をタップしボックスに入力します。

文字メニューでフォントの変更や配置を調節、サイズやふちどりなどのスタイル変更もすることが出来ます。簡単に好きなように変更できるのに無料で使えちゃうアイビス、本当にすごい……。

ついに、完成!

そしてついに……。

完成!

じゃ~ん。いかがでしょうか。

文字を入れると一気にアイキャッチ感が増しますね!

個人的には左下の殿がお気に入り。スパイっぽさを何となくイメージしてドヤ顔。

自作はたのしいが注意点も!

今回私はデザインやモチーフなどすべてオリジナルなのですが、モノによっては注意しなくてはならないものもあります。例えば以前書いたこちらの記事、

【ななもり。炎上の新曲をナルコレプシー当事者の私が考察してみる。】のアイキャッチ。

こちらは新曲のMVのイラストをもとにファンアートとして描いてアイキャッチとして使いましたが、いわゆる二次創作的なものなので当然著作権は

【MVイラストを描いたイラストレーターさんのもの】になります。

違法ではありませんがグレーゾーンの領域のため、収益化をする記事の場合ファンアートを使ったアイキャッチを使うのは避けた方が無難でしょう。

まとめ

今回のまとめです。

  • アイキャッチを自分で描くと、著作権について確認する手間が省け、ブログならではのオリジナリティを表現することが出来るメリットがある。
  • デメリットとして時間がかかってしまうことと、プロの作品と比べると見劣りしてしまう点がある。
  • ファンアートを描いてアイキャッチにする場合は収益化を避ける方が無難。
  • iPadで描く場合、ソフトは【Procreate】と【アイビスペイント】がおすすめ!

いかがだったでしょうか?

描くのにどうしても時間はかかりますが、カテゴリー毎に文字入れ前のテンプレートを作ることで時短&一目でどのジャンルか分かるようにできますし、一度描いてしまえば自由に使いまわせるのはとても良いですよね!

イラストを描くのが好きでブログにオリジナリティを出したい!という方には非常に効果的なんじゃないかと思います。

ブログ始めたばかりの私ですが、これからもイラストをアイキャッチにしたいなぁというときは出来る範囲で描いていきたいと思います!

皆さんもたのしくお絵かきしましょう!

したっけ、また!

タイトルとURLをコピーしました